おしらせ, トピック, フォト, ブログ

今年の夏は野生イルカと泳ぐ!(9/11更新)


(写真はマエカケと泳ぐ僕です)

※9月14日(金)夜発~17日(月)夜帰りのプログラムにキャンセルが2名出ました!
ご参加希望の方はご連絡下さい!

皆さん今年の夏のスケジュールはもう決まりましたか?

夏は短くあっという間に過ぎ去っていきます!

海へ山へ最高のシーズンは1ヶ月しかありません。

まだ夏のスケジュールが決まっていない貴方に今日は僕がボランティアとして活動している
「NPO法人みらいじま」の紹介をさせていただきます。


(写真は御蔵島のたりぼたカーブより御蔵の海と三宅島)

東京から南へ直線距離200キロに位置する伊豆七島の御蔵島は周囲16キロの小さな島に野生イルカの住む豊かな海とオオミズナギドリが繁殖する巨樹の森が存在しています。

HP撮影ブログ-026
(かめりあ丸より朝焼けの御蔵島)

島民は約300人、イルカが120頭、オオミズナギドリが80万羽繁殖する御蔵島はイルカで有名ですが実は巨樹と鳥の島でもあります。

コンビニありません!信号機ありません!自転車ありません!?

HP撮影ブログ-022

水が豊かな森には巨樹が育ちその麓にはオオミズナギドリが繁殖しています。
オオミズナギドリは海から持ち帰った栄養を島へと運び大地を潤し巨樹を育みます。
巨樹はオオミズナギドリに繁殖する場所を提供し雨は大地の恵みを海へ運びます。
海へと運ばれた恵みは小さなプランクトンを育みそして魚達やイルカ達を育んでいます。
そんな一連のエネルギーの流れを見ることが出来るのが御蔵島です。

御蔵島には、イルカ、オオミズナギドリ、巨樹と世界遺産に匹敵する自然がそこに存在しています!

そんな御蔵島を舞台に野生イルカと泳ぐ体感型の環境教育プラグラムを開催しているのが「NPO法人みらいじま」です。
「NPO法人みらいじま」は、ボランティアにより運営されており子供から大人まで幅広い年代を対象にプラグラムが組まれております。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

運営方針は、シンプルに如何に環境に負荷が少なくめいっぱい楽しめるかを考えながら最低限のルールのもとで活動を行っております。

宿泊施設は村営バンガローになりますので快適性については保証できません。

ご飯はスタッフと参加者が一緒に作ります。

食材は本島から持参するので最低限のキャンプご飯になります。

食材を持参するのは島に購入出来るお店が2軒しかない為です。

今年は7月中旬から9月までプログラムが組まれておりまだまだ参加者を募集しております。

僕が参加する回では希望者がいれば高台から海を眺めながら朝ヨガや夕焼けヨガを行うこともあります。

2013_03_05-005

今年の夏はグランブルーの海で野生イルカと一緒に泳いでみませんか!

そこに行かなければ体感できない大自然が皆さまをお待ちしております。

HP撮影ブログ-027
(一日の終わりを見つめる大切な時間。グリーンフラッシュが見えることも!)

プログラム日程等の詳細は「NPO法人みらいじま」のホームページをご確認してください。

NPO法人みらいじまHP:http://www.miraijima.org/

 

Tags:
Posted on 2018-07-24 | Posted in おしらせ, トピック, フォト, ブログ | Comments Closed

Related Posts